☆久賀塾の公式HP・お問い合わせはこちら!☆

こんにちは。

上板橋の学習塾、久賀塾の久保田です。



梅雨始まらないな〜と思っていたら突然真夏になって怯えています。

ついこの間までは窓を開けていれば涼しくすごせたのに、いまやクーラーがないと生きていけない暑さですね。



暑いと言えばオーストラリア。

南半球だから日本とは季節が真逆なので、私が渡航した12月は夏の真っ最中でした。


さらにオゾン層が薄くなっているので、紫外線がとんでもないです。


日本と違うのは湿気。

日本はそれこそ「うだるような暑さ」ですが、オーストラリアはかなり乾燥しているのでもはや「熱い」って感じでした。


そんな気候の中で迎えたクリスマス。


12月24日はイブ、25日は本番、そして26日はboxing dayと3日間ほぼお祭り状態が続くオーストラリア。

ただの平日かと思いきや、Boxing Dayというやつらしく!
スポーツの方ではなく、キリスト教に由来するみたいです。
教会に寄付で集まったプレゼントの箱(box)を開く日…みたいなことらしいよ!
いい日だねえ。

ということで、イブからずっとハウスメイトやその家族、お世話になったDuongさんのお家など、毎日パーティー三昧でした。

真夏でもやはりクリスマスにはサンタさんが来ます。

夜ご飯が一段落したら、大人たちはみんなで目配せ。
Duongさんが
「サンタさんが来るよ!!静かに!」
と声をかけると、子どもたちは集まってソファの前に。
みんなキラキラした目でじっと待っていました。
大人も、サンタが来る!ってほんとに息を潜めて待ちます。
さっきまで騒がしかったリビングはシンとして緊張した雰囲気に。
登場したサンタさんは明らかにさっきまでご飯食べてたおじさんだったけど、それでも、みんな笑いながら、サンタさんって呼んでいました。


さてここからが私の好きだったパート!

IMG_20171226_192932


サンタさんの手には1枚の紙。
なにが書いてあるかと言うと…その日来た子どもたちの情報!
なんと大人たちはパーティーの間中、子どもの会話に聞き耳を立ています。
そして今年1年その子が何を頑張ったのかなとか、最近何が楽しいのかなって情報を得たら、小さなメモに書いてこっそりサンタさんに渡してるんです。


私も気づかないくらいこっそり、大人たちがサンタさんに渡すメモ。

そこには、

「Maxは今年本当にお手伝いを頑張った」

「Stevenは転校してきたのにもうお友達ができた」

といった親のあたたかいメッセージや…。



「Kaitoは昨日ぬいぐるみを投げてすごく怒られた」

「Rioは今日すごくたくさん食べてる!」

といった細かいメモまで…!



参加者がみんな、大人の楽しみもしながら子どもたちを見つめ、いいところを探しているのってとても良い雰囲気ですよね。


そしてサンタさんはこう言います。

1人ずつ名前を呼んで膝に座らせて、
「君は今年あれを頑張ったんだね!でも、あれはうまくやれなかったんだね。それでもいいよ、サンタさんは君を愛してるからね!メリークリスマス!」
と言ってくれるんです。
そしたらみんなで拍手をして、その場にいる大人が全員、
「おめでとう!大好きだよ!」
と口々に言葉をかけます。
その年した悪いことも良いことも、その子がどんな子でも変わらず好きだよって口に出して言ってくれるなんて、すごく幸せだろうなと思った。


ほとんどが知らない人だったのに思わず泣いちゃうくらい、愛おしい時間でした。



大人からしたら

「なんでそんなことにこだわるの?」

ってことでも、子どもにしてみれば大きな一歩だったり、一生胸に残ってしまう失敗だったりします。



大人は分かってくれない!とよく子どもたちは言いますが、こうやって真正面から大好きだよって伝えられると反抗期の子もなんとなく照れくさそうにしていて…。

なにより、親だけじゃなくてその場の大人がみんな参加している行事なのが良いですよね。



色んな人に支えられて、愛されて、大切にされてるんだって思える時間が1年に1回くらいあったって良いと思う、そんな南半球のクリスマスでした。



☆久賀塾の公式HP・お問い合わせはこちら!☆

ランキング参加始めました!
面白いと思ったらぜひクリックしてください↓
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾)へ
にほんブログ村


塾教育ランキング

2つともクリックしてくれたっていいんですよ~!